So-net無料ブログ作成
検索選択

今年の大聖堂(夏のショー) [イベント]

遅まきながら、今日は、9月下旬まで行われていたストラスブールの大聖堂の夜のイベントの写真を掲載したいと思います。

今年は、大聖堂は1000周年ということで(前身となる聖堂の建造から計算しているらしい)、町ではあちこちのウインドウにミレニアムの装飾が施されており、町全体がお祝いムードが漂っていました。

夜のショーは、これまではバカンスシーズン真っ盛りの7月と8月にしかやっていませんでしたが、今年はなんと9月下旬まで行われました。9月にもなると日が短くなりそろそろ夜も寒いのですが、観光客が減ってしまう時期にまでしっかりイベントを続けるというところに1000年を迎える大聖堂への愛情を感じました。

ところで、ストラスブールの大聖堂といえば、アルザスの赤砂岩でできているため、通常はバラ色をしています。しかしながら今年の夜のショーでは、入口近辺の像がそれぞれに色のついた衣をまとい、カラフルで生き生きしていました。もともとはこんな色だったんでしょうか…光でこんなにきれいに着色できるとは思っていませんでした。

SXBCath-2015-0.JPG SXBCath-2015-1.JPG
(左は参考写真、右は西側のライトアップ)

以前のように西側がメインだと思ってショーを西から見ていたところ、像は美しく全体も色は変わるものの、全体に変化に乏しいような印象を持ちました。例年よりショーの時間も長く、ミレニアムの期待が大きかっただけに、少し残念な気持ちでした。

…が!通りすがりに人がたまっているのを見つけて、南のパレ・ロアン側でちょっぴり待っていたら、音楽とともに光が動き、次々と映像が映し出されるではありませんか!多分、広場を工事して綺麗にしたこともあって、南をメインにすることにしたのでしょう。しかも、以前のように色を変えるだけではなく、大聖堂の1000年の歴史を想起させるような映像や文字が織り込まれた、壮大なプロジェクションマッピングでした。ブラボー!
強いて文句を言うことがあるとすれば…寒かったです…。

ということで、ブログにもいくつかの場面を掲載しておきたいと思います。記念の年を祝うかのように咲いていくバラや工事の作業、大聖堂が出来上がっていくさまなどは、本当はもう一度見たかったのですが、寒さもあって体力的に心配だったので諦めました。

SXBCath-2015-2.JPG SXBCath-2015-3.JPG
SXBCath-2015-4.JPG
SXBCath-2015-5.JPG SXBCath-2015-6.JPG

こうして並べてみると写真の軸のずれがはっきり見えてちょっと情けないですが、様々な映像があったことは記録できていると思います。ちょっとしたずれなども旅の記念ということで…。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。